小児歯科の適性年齢

小児歯科の適性年齢について

小児歯科の適性年齢と子供の配慮

子供のための小児歯科の適応年齢とは、18歳までとなります。18歳は、歯並びやかみ合わせが完成しているため、子供ではなくなるという考えで18歳となっております。一般的には歯科と掲げているところは小児から老人まで見ることが出来ますが、小児の場合、成長発育の知識はもとより、親への指導などのコミュニケーションなどを行うことができます。また、大人が通うところとは違い、年齢が低い小児に対しての配慮などを行っているため、楽しく通うことができるような環境づくりもされており、不安にならずに楽しみながら通院できるようになっております。

子供が歯科に行くのを嫌がる場合

子供の頃から歯科で健診を受けておくことは、将来の歯の健康を守るためには非常に重要です。虫歯やかみ合わせの異常などは早期に発見し、きちんと治療を受ければ後々の影響もほとんどありません。しかし、そうはいっても小さいときはなかなかその重要性を理解させるのは難しく、行きたくないと大泣きされることもよくあることだと思います。嫌がらずに治療を受けさせるにはどうすればよいのでしょうか。まずは小児専門歯科を選ぶことです。先生も子供の扱いになれていますし、待合室や診察室にもおもちゃやDVDなど気をまぎらわすものを置いてくれているところが多いです。後は家で予行演習をすることです。ママが先生役になって、虫歯のバイキンをやっつけるごっこ遊びをして、怖いことではないことをわかってもらうと、当日も頑張ってくれます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 小児歯科と乳歯とはについて All rights reserved